蒸し暑くてもスカーフ大活躍!夏のスカーフコーディネイト術その3。スカーフ専門店Marca(マルカ)


もうそろそろ8月も終わり…
季節は徐々に秋へと移り変わっていくとはいえ、まだまだ蒸し暑い日が続きますよね。

気温の高い季節のスカーフの使い方はこちらでも何度かご紹介しておりますが、実はまだまだあるんです。

夏のスカーフコーディネイト術その1のブログへはこちらから↓

蒸し暑くてもスカーフ大活躍!夏のスカーフコーディネイト術。スカーフ専門店Marca(マルカ)

 

夏のスカーフコーディネイト術その2のブログへはこちらから↓

蒸し暑くてもスカーフ大活躍!夏のスカーフコーディネイト術 その2。スカーフ専門店Marca(マルカ)

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

以前の記事ではバッグにスカーフのコンビネーションをご紹介しましたが、
実は、スカーフ自体も結び方次第でバッグになるんです!
結び方はとっても簡単。

スカーフの裏側を上にして、一つの角を結びます。

残りの他の角も同じように結びます。

AとBの角を小さく結び、CとDも同じように結んだら完成です!
定番の88cm角のスカーフでしたら結構色々なものが入るボリュームです。結び目の位置次第で持ち手の長さなどが変わってきますので、試してみてください。

小物づかいにオススメのスカーフ特集はこちらから-

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

次は、冷房対策にオススメの巻き方をもう一つご紹介します。

ボレロ風の巻き方です。

二の腕くらいまでカバーしてくれるので、タンクトップなどで少し肌寒いなという時にも重宝する巻き方です。

 

 

スカーフを三角に折り、左右同じ長さになるように首からかけます。

 

両方の先端を両腕の下に通し、背中で結びます。(三角形の下に結び目が来るように)

 

あっという間に完成!二の腕あたりまでしっかりとカバーできます。

 

後ろから見るとこんな感じ。

紫外線・冷房対策におすすめ -大判スカーフ、ストール特集はこちらから-

 

冷房対策特集でオススメしている大判ストールの定番サイズ(88cm×180cm)は、

広げるとしっかり体を覆ってくれるサイズでありながら、たたむとこんなにコンパクトになりますよ!

まだまだレジャーやお出かけを楽しみたいこの季節。

ぜひ紫外線 、冷房対策としてバッグに一つ入れておでかけください!